インプレッサスポーツのグレードの違いについて※2.0L必要?

インプレッサスポーツのグレードの違いについてです。

違いは排気量。

1.6Lと2.0Lに分かれます。

ご存知かもしれませんが、1.6Lと2.0Lは自動車税の金額が一緒なので税金面ではどちらを選んでも損はありません。

他には1.6L車の場合はCVTかMTかを選べます。

2.0LはCVTのみです。ちなみにスバルのCVTはリニアトロニックという名前になっています。

スポンサーリンク

ベストグレードは結局2.0L?

この車体に2.0L必要か?と思う向きもあるかもしれません。

ただ、この車を選ぶならEyeSightを付けたいのでベストグレードは2.0i EyeSightになります。

「EyeSight(アイサイト)なんて要らないよ」

そうおっしゃる方はインプレッサスポーツで無くても良いのではないかと思ってしまいます。

ただし、車体価格は225万円程度しますので、正直高いです。

燃費が特別良い車でも無いので225万円は難しいな~という意見も多いでしょう。

1.6iで妥協も有り

廉価版の1.6iなら2WDで¥1,598,400

この価格帯なら普通のコンパクトカーとそれほど変わらないですし安い場合もあります。

そういう意味で廉価版にするという手もありますね。

ただ、そこまでしてインプレッサスポーツを買う意味ってなんでしょうか?

この車が好きで乗ってみたいという好奇心以外には見当たりません。

それならば良いのですが。。。

EyeSightは最新式

インプレッサスポーツのアイサイトは、アイサイトver.3で最新式です。

アイサイトがver.2のままの車種もありますのでここはプラス要素です。

アイサイトver.3はかなりの高性能で世界でもトップクラスの運転支援システムです。

車載カメラによって前方を常に監視していて、危険な場合は車を自動ブレーキで停止させます。

最近は軽自動車にも衝突回避自動ブレーキが付いていますがスバルのアイサイトver.3とはモノが違うと言われていて、性能が段違いなのです。

ですから軽自動車にも付いているから安心だというのは嘘とは言いませんが、全く性能が違うということは覚えておきたい部分です。

自動ブレーキ以外にはクルーズコントロール機能も含まれていて非常に高性能という評判が高いのがアイサイトver.3なのです。

ちなみにアイサイトを付けると、インプレッサスポーツの場合は108,000円高になります。

【→インプレッサスポーツ値引き情報!】

【注意】下取りは大損!!

6639あなたは新しい車を買う際にいつも下取りに出していませんか?

だとするととても損をしている可能性があります。
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高い場合がありますので、買取査定はインターネットがお薦めです。

【車買取査定ナビクル】

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。

<<→ナビクルへ>>

スポンサーリンク