三菱ミラージュのベストグレードは何?違いは明確

三菱ミラージュのベストグレードは分かりやすいでしょう。

低燃費なのはJC08モード燃費27.2km/LM1.0Gです。

いずれもFF車の1.0Lモデル。

このどちらかということになりますね。

ちなみに廉価版のSは燃費が23.2km/Lでちょっと落ちます。

スポンサーリンク

価格差は約6万円・Mと1.0Gではどちらが良いのか?

1.0Gにあるもの

・サイドターンランプ付きドアミラー
・本革巻ステアリング&シフトノブ
・シートの生地がハイグレード生地

…ということで内外装の違いにとどまります。

安全装備の違いがあるということはありません。

ですからここに約6万円高の価値を見いだせれば1.0Gがベストです。

個人的にはやはりMグレードで十分という気がしますね(^_^;)

ちなみに廉価版グレードのSとMではかなりの装備の差があるので余りおすすめではありません。

Sを買うならミライースやアルトといった軽自動車の低燃費タイプでも良いのではと思われます。

1.2Gは何のためにある?

最上級グレードは1.2Gで何故か排気量も上がってしまいます。

排気量がちょっと上がるだけですが、このせいで自動車税が少し上がってしまうんですね。
※年間5千円くらい上がります。

タイヤも15インチを履いていますし、余り必要性が感じられません。

せっかく新しく追加された1.2LモデルなんですがM,積極的におすすめは出来ない感じがします。

以上でグレードの説明は終わりです

グレードが少ないと説明が少なくてとても助かります(笑)

最後にミラージュって悪い車じゃないんですが、ちょっと乗り心地が硬めという評判です。

硬いというのは突き上げがあったり多少ガタつく感じがあるということです。

高級車じゃないので揺れがない静かなコンパクトカーなんてあり得ないのですが、燃費性を上げている車種には共通している問題です。

タイヤの指定空気圧が高いと乗り心地が犠牲になることがほとんどです。

今の軽自動車も同じですのでちょっと硬いなというところは共通している部分でしょう。

余りにも気になる場合は、燃費は多少悪化しますがタイヤの空気圧を下げてもらうと改善する場合があります。

後エンジン音が結構大きいということもあるようですので、まずは試乗して確認することが必須ですね。

【→ミラージュ値引き情報!】

【注意】下取りは大損!!

6639あなたは新しい車を買う際にいつも下取りに出していませんか?

だとするととても損をしている可能性があります。
下取りの見積もりと車買取査定の価格を比べてから売却しても遅くはありません。

買取査定の方が高い場合がありますので、買取査定はインターネットがお薦めです。

【車買取査定ナビクル】

車買取査定ならナビクルが良かったです。それはすぐに査定額が分かるからです。
査定を申し込むと完了画面で売却額の概算が出ます。
すぐに下取り額と比較できて良いです。

<<→ナビクルへ>>

スポンサーリンク